目元の印象を変えるにはマツエクがおすすめ|長持ちさせるためのコツ

ウーマン

気になるシミを隠すには

ウーマン

アイテムを使って

肌がくすんで目立つシミは、どうにかして隠したいものです。もっともシミと言ってもいろいろ種類があり、色の濃さや範囲の大きさなど、そのシミによってそれぞれ異なります。それゆえにそのシミに合わせたシミ隠しが必要で、基本的にはファンデーションやコンシーラーといったメイクアイテムを使用することでシミ隠しを実践します。ただしファンデーションでも一つではなくリキッドタイプとパウダータイプ、スティックタイプなどを用途に合わせて使い分けることでより効果が高まりますし、コンシーラーは自分の肌よりもやや濃い色を使用することで、カバー力が高まります。またパフやスポンジもあると便利ですし、パウダーファンデーションの代わりにフェイスパウダーを使用しても大丈夫です。

やりがちなミス

シミ隠しのためのメイクといえば、ついついやりがちなのが厚塗りメイクです。シミを隠したい気持ちからファンデーションを厚塗りをしてしまうと、そこだけ余計に光を反射させる効果が高まってしまうために、逆に目立つこともあるので注意しましょう。またそれとは逆に肌の色に合わせたものや明るめのファンデーションを使用してしまうと、なじむどころか逆に浮いてしまい、透けて見えてしまうことになりかねません。このように厚すぎても薄すぎてもシミ隠しには逆効果になるため、あくまでナチュラルに見える程度でありながら、リキッドタイプやパウダータイプなどを使い分けることで、しっかり隠せるようにする必要があります。ちなみに最後の仕上げにはパウダーファンデーションで固定させ、絶対に修正部分を触らないようにすることも大切です。